今日の東京新聞

e0207223_23154846.jpg

e0207223_23154830.jpg


自民党改憲草案
第100条 この憲法の改正は、衆議院または参議院の議員の発議により、両議員のそれぞれの総議員の過半数の賛成で国会が議決し、国民に提案してその承認を得なければならない。この承認には、法律の定めるところにより行われる国民の投票において有効投票の過半数の賛成を必要とする。
2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、直ちに憲法改正を公布する。

現行憲法
第96条 この憲法の改正は、各議員の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。





現行憲法の96条では、改憲するには、衆参両院で三分の二以上の賛成を得て国民に提案し、国民投票で過半数の賛成を得なければできないと規定されている。通常の法律が衆参両院の過半数で成立、改正できるのに比べて厳しい条件が課されているが、自民党の改憲草案はこのハードルを下げる。
そもそも憲法とは国が統治する最高法規で、どんな法律や政府の決定よりも優先される。憲法は国民の権利や自由を保障し、政府や国会議員などの国家権力が勝手に権力を乱用しないように歯止めをかける役割を担っている。こうした考え方を立憲主義と言い、現行憲法もこれに基づいている。
自民党は96条を改憲し自分達に都合の良い憲法をじゃんじゃん作ろうと企んでいる。
[PR]
by riz1021 | 2013-06-11 23:15
<< 今日のエリザベス 今日のエリザベス >>