「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ブルームーン

e0207223_2258382.jpg

財務省前でのブルームーン


e0207223_22583893.jpg

地元のブルームーン

どちらも美しかったです。
[PR]
by riz1021 | 2012-08-31 22:58 | ブログ

8月31日の出来事

e0207223_2133668.jpg

首相官邸裏抗議行動を見学して


e0207223_2133757.jpg

首相官邸前抗議行動に参加しました。


e0207223_2133715.jpg

もしやランキンさん?未確認です。


e0207223_2133790.jpg

その後財務省前の原子力規制委員会人事案反対ヒューマンチェーンに参加しました。
中に細野豪志大臣がいるそうです。
みんなの声が大きくなります。「細野出て来い!」


e0207223_2133741.jpg

経産省前抗議行動のtさん。今日もみんなを盛り上げてくれます。
[PR]
by riz1021 | 2012-08-31 21:33 | 脱原発

今日のエリザベス

e0207223_19392953.jpg

「またカメラか」


e0207223_19392921.jpg

カメラ目線にしようとしてガシャブンを持って来たらハンターの血が騒ぎます。


e0207223_1939297.jpg

「捕まえた!」


e0207223_19392970.jpg

何事も無かったようなエリザベスでした。「カメラしつこい」
[PR]
by riz1021 | 2012-08-30 19:39 | エリザベス

【超大転載・拡散希望】動物問題パネル展IN桜木町のお知らせ

日時;9月16日(日)11時〜15時
9月17日(祝)11時〜15時
9月22日(土)11時〜15時

場所;JR桜木町駅前広場

動物問題に関するパネル展・チラシ配り・署名集めを行います。

パネルやチラシや署名用紙等必要な物品はこちらで準備します。
動物問題に関係する展示したいパネルや配布したいチラシや署名用紙がありましたら遠慮無く持参して下さい。

動物問題とは毛皮・殺処分・動物実験・動物園・水族館・フォアグラ・畜産・宮島の鹿問題です。
宮島の鹿問題は署名の締め切りが今月末の為に署名集めは行いませんが周知してもらうためにパネル展・チラシ配りは引き続き行います。

他に問題提起したい事柄がありましたらどんどんおっしゃって下さい。パネル展に参加しなくてもご意見はじゃんじゃん受付ます。コメント欄に記入して下さい。

参加希望の方は非公開コメントに連絡先と参加希望日時を連絡して下さい。
勝手を言って申し訳ありませんが飛び入り参加はお断りさせて頂きます。当日になり場所がわからないとブログのコメントに記入されても対応ができないからです。

私はどこの団体にも所属していません。誰でもどこでも仕事していても子育てしていても動物達の為にできる身近なボランティアを目指しています。
初心者の方も大歓迎です。ベテランの呼び込み隊長のウグイス嬢がいますのでそばでパネルを持って立っているだけで構いません。人が多いだけで目立ち人が集まって来ます。奮ってご参加下さい。

宜しくお願い致します。




「もう、絶対、一生、二度と、毒ナルドが食べられなくなる無数の理由」

肉の多量摂取で大腸がんリスク上昇

★ランキングに参加しています。よろしかったらポチッとお願いします★


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

[PR]
by riz1021 | 2012-08-29 21:36 | 動物

今日のエリザベス

e0207223_1912587.jpg

夕方になると涼しくなりホッとしています。
[PR]
by riz1021 | 2012-08-29 19:01

道路緊急ダイヤル#9910

道路緊急ダイヤルとは国交省の管轄で道路の異状を発見した場合に通報するシステムです。

動物の遺体を見つけた時に『道路緊急ダイヤル#9910』へ電話すると清掃センター同様対応してくれます。

清掃センターとの違いはというとただ遺体を処分するのではなく、動物種や轢かれた位置などをデータ化して、新しく道路を造ったり動物柵を作ったりする時の参考資料にして次の世代への命を守る為に国が動いてくれます。

国交省が道路を造るのにも税金が使われますが、同時に動物の生命を守る事にも使われます。

皆さんも動物の遺体を見つけたら#9910に電話して下さい。
24時間対応
各道路への取り次ぎは対話型音声自動応答装置で行います。

宜しくお願い致します。

「もう、絶対、一生、二度と、毒ナルドが食べられなくなる無数の理由」

肉の多量摂取で大腸がんリスク上昇




e0207223_18134785.jpg


【大拡散!】8週齢でひとつになろうキャンペーン




★ランキングに参加しています。よろしかったらポチッとお願いします★




にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

[PR]
by riz1021 | 2012-08-28 19:19 | 動物

8月24日の出来事

e0207223_1363663.jpg

e0207223_1363634.jpg

e0207223_1363655.jpg

e0207223_1363643.jpg

今日は首相官邸前抗議行動に参加しました。
途中から気分が悪くなりあまり覚えていないのですが大阪の関西電力本社前でいつも抗議行動をしているという女性がスピーチし力強いシュプレヒコールをしていました。

他に女性の方が原発は差別ですと話しました。
世界最大のウラン採掘場はカナダにあります。そこでウランの採掘をしているのはアメリカの先住民族です。先住民族の方はウランの危険性を教えてもらっていません。ほとんどの人が肺癌などに罹患しました。その先住民族の方はレンガと石を積み上げてホーガンという伝統的な家を作る時にウラン鉱山の石を使いました。そこに住んでいる人々は鉱山の仕事に行って被曝をし、帰って来た家でも被曝をするという事を繰り返しています。

原発は貧困な生活者に被曝を押し付けて成り立っている非常に危険な物なのです。即刻廃炉にして下さいと訴えていました。
[PR]
by riz1021 | 2012-08-25 13:06 | 脱原発

8月23日の出来事

e0207223_18593897.jpg

e0207223_1859388.jpg

今日は「いざ、環境省。もはや限界です」アクションに参加しました。
気温がグングン上がりとても暑くなりました。しかし今も福島県で取り残された動物達はこの暑さの中で頑張っています。飯館村では犬を係留しないと捕獲し3日以内に飼い主が現れないと殺されます。
今までは川で水を飲む事ができましたが、今は地獄のような暑さの中で空っぽの水入れの前でひたすら人を待つしかありません。
私は抗議活動が終われば水は飲めるし涼しいクーラーのある場所に行ける、動物達の苦しみに比べればどうって事無いと自分に言い聞かせ行ってきました。
結局色々あって私は30分しか抗議活動に参加しませんでした。主催者のみなさん、参加されたみなさん本当にお疲れ様でした。動物達の為に声を上げて下さいましてありがとうございました。

今日、同時に行いましたがれき広域処理反対行動のチラシを転記致します。

「9月21日は環境省に集合

汚染がれきの広域処理反対!!

放射NO 拡散NO!
放射線汚染物質は閉じ込めて隔離が原則

全国で汚染ガレキの広域処理に反対されている皆さん、団体も個人も9月21日、環境省に集合して反対の声を届けましょう。

住民の反対や不安の声を無視し、受け入れに積極的な自治体が手をあげて、受け入れ自治体が決められていっています。国民主権はどこへ行ったのでしょう。細野大臣と環境省は国民が納得するまで説明する義務があります。納得が得られない政策は撤回すべきです。

放射線物質拡散の危険

福島原発事故以前、1kgあたり100ベクレルを越える低レベル放射性物質はドラム缶に入れて厳重に管理されてきました。しかし、事故後、何の科学的根拠もなく1kgあたり8000ベクレル以下であれば、埋め立て処分してもいいことになりました。まるで、日本中に核廃棄物の処分場ができるようなものです。住民が危機感を持つのも当たり前なのに、それに対して納得のいく説明は何もありません。

汚染は放射能だけじゃない

女川の瓦礫を焼却している東京の清掃工場からはアスベストが次々に検出されています。細野大臣もテレ朝モーニングバードでがれきには六価クロムや砒素が混入されていることを認めました。そんな危険な物質を各地に運んで燃やしていいのでしょうか?

焼却はどこでも危険
有害物質が含まれたガレキの焼却は被災地でも危険。焼却されると有害物質は濃縮され、一部はガス化してフィルターを通り抜けます。環境に放出された放射線物質や有害物質は回収できません。今一度立ち止まってがれきの適切な処理方法の検討が必要です。

ガレキより人を
環境省は広域処理の必要性を、事故後3年以内にがれきを片付けるためと説明していますが、あまりに説得力がありません。早急にやるべきことはがれき処理ではなく被災者の雇用と住宅の保証、そして充分な補償では?

この抗議行動を成功させるため、あなたの知恵と力を貸して下さい。

窓口 ストップ!汚染がれき全国行動実行委員会」


転載終了
[PR]
by riz1021 | 2012-08-23 18:59 | 動物

8月23日、堪忍袋の緒も切れた。いざ環境省

e0207223_21301332.jpg


日時:8月23日(木)13:30〜15:30

場所:環境省

基本的に瓦礫問題・被災動物問題を訴える予定ですが思いの丈が(環境省に訴えるべき範囲内であれば)何を叫んでいただこうと構いません。

詳しくは「そうだ。京都に行こう 嵐山から脱原発★NOMOREクレイジー&シザーズ」をご覧下さい。
[PR]
by riz1021 | 2012-08-22 21:30

ALIVE-news ◆動物愛護法の改正法案公表!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ALIVE-news ◆動物愛護法の改正法案公表!┃2012.8.22
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8月21日、動物愛護法の改正の全文が公開されました。
近く衆議院のサイトに掲載されるとのことですので、詳細は
そちらをご覧ください。

21日朝の自民党の環境部会において、
民主党・自民党・公明党・「国民の生活が第一」の4党の実務者協議で
合意された動物愛護法の法案が、了承されました。
22日は、民主党で同様の会議があり、了承される予定です。

また、公明・生活でも同様に党内手続きがとられていき、
さらに少数会派の合意がえられれば、28日頃に衆議院の環境委員会に
かかるのではないかとのことです。何事もなければ、国会閉会直前には
法改正が成立する見込みとなりました。

法案は、実験と畜産が何も改正されないことを除けば、
画期的な大改正となっています。
よく読むと、運用次第では動物保護を大きく前進させることが
できる条項がいくつもあります。

ただし、最後まで議論されていた幼齢個体の販売規制については、
条文に「56日」と書き込まれたものの、
附則によって、施行後3年間はそれを「45日」に読み替える、
さらにその後、別に法律で定める日までの間は「49日」に読み替えるという、
複雑な条文の建付けになってしまいました。
そして、施行後5年後までに、「56日」についての結論を出すべく、
科学的知見を集めるための調査研究を行うとのことで、
環境省に予算がつけられるとのことでした。

部会の説明でも「落としどころ」という言葉が使われていましたが、
まさに合意できる地点を模索した痕跡がありありと現れています。
読み替え期間はとても長いですが、改正後は、条文に「56日」と
書き込まれたことを無駄にしないような戦略を、私たちも考えなければ
ならないでしょう。

動物取扱業については、当会で要望してきたような区分けがなされ、
現行の動物取扱業を第一種動物取扱業とし、新たに第二種が新設されます。
また、第一種の中でも特に犬猫等の取扱業は、厳しい規制となっています。
許可制への移行は見送られましたが、登録制となってから期間が短いため、
まず登録制を強化した上で、必要であれば許可制を検討するとのことでした。

第二種動物取扱業は届出制で、「飼養施設を設置して動物の譲渡等を業
として行う者」が対象となっており、公園動物も含まれます。

関連法違反についても新たに規定が設けられ、狂犬病予防法、
鳥獣保護法、種の保存法、特定外来生物法違反で有罪となったものは
動物取扱業の登録が拒否されます。

犬猫の引取り義務を定めた第35条については、現行の条文を据え置きながら、
業者による持ち込みなどは引取りを拒否できる条文となっています。
加えて、殺処分がなくなることを目指して、返還・譲渡の努力規定が
入っているのは、大きな前進です。

そのほか、多頭飼育については、虐待の可能性を根拠に
勧告・命令が出せるような規定がもりこまれており、
また、地方自治体が条例を設けて届出制とすることができるとしています。

獣医師に対しては、虐待を発見したときの通報努力規定が
盛り込まれています。

動物実験については、今回は法改正は行われませんが、
委員会決議に若干の文言が入る可能性が示唆され、
会としても内容に期待を寄せているところです。
実験動物既定の改正に反対してきた医科系の国会議員の発言も
若干トーンダウンしている印象があり、今後とも引き続き、
動物実験のあり方に心を痛める私たちの声を届けていく必要があります。

ちなみに、河野太郎衆議院議員は、一貫して動物実験の登録制を主張
されてきた方ですが、21日の自民党環境部会でも、
動物実験規制を例に、立法のあり方そのものを問う鋭い指摘を
されました。ウェッブサイトを是非ご覧ください。

-------------------------------------

ごまめの歯ぎしり 衆議院議員 河野太郎の国会日記
http://www.taro.org/2012/08/post-1252.php
(略)
「しかし、動物実験施設の届け出などが全く落ちてしまったので、
吉野環境部会長、井上国対副委員長に対して、党議拘束の掛からない
議員提案の修正案を認めてもらうように検討を要請した。

相当数の国民が関心を持っていながら、非公開の協議の場で合意され
なかったというだけで議論のテーブルにも載らず、採決もされないと
いうのでは、政治が国民の要請に応えていない。

今の国会の審議の進め方には、明らかに問題がある。事前に話が尽き、
決着したものを追認しているだけになっている。

そうした国会運営そのものを変えるためにも、幅広い国民が関心を持ち、
しかも議員提案の法律である動物愛護法の改正のようなものから、
国会運営を変え、党議に縛られず、国会議員が一人ひとり自分で考えて
結論を出すような議論の仕方に変えていくべきではないか。」

-------------------------------------

(注)
なお、この「ごまめの歯ぎしり」の本文中で、
「ブリーダーなどを第二種動物取扱業として届け出を義務づける。」
は間違いで、第二種動物取扱業の届出が必要になったのは
シェルターを持つ動物愛護団体等です。


※転送・転載可です。転載・転送される場合は
[ALIVE-news]より転載と明記してください。

転載終了







「もう、絶対、一生、二度と、毒ナルドが食べられなくなる無数の理由」

肉の多量摂取で大腸がんリスク上昇




e0207223_18134785.jpg


【大拡散!】8週齢でひとつになろうキャンペーン




★ランキングに参加しています。よろしかったらポチッとお願いします★




にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

[PR]
by riz1021 | 2012-08-22 12:31 | 動物